やっぱり借りるなら銀行

ディーラーの勧めるマイカーローンを避け、銀行などでローンを組む人が増えています。昔は勧められるまま契約する人が多かったのですが、ディーラーローンの金利が高いという事実が段々と広まってきたのが影響しています。

 

銀行系のマイカーローンなら、きちんと探せば金利2.0%以下の所すらあります。例えば何も知らずに、300万円のディーラーローンを金利8.0%で組んでいたとします。5年間の60回払いなら支払総額は約365万円です。これが金利2.0%の銀行系マイカーローンであれば、316万円しかかかりません。

 

ローンの契約先を変えただけで、50万円近くの差が出る場合もあるので、知らなかったでは済まない金額です。

 

手続きが面倒、審査が厳しい、などのデメリットは確かにありますが、それでも試すには十分すぎる位の価値はあります。

 

また、銀行系のマイカーローンで車を購入した場合、車の所有権は自分にあります。例えば途中で車を売り払い、そのお金でローンの返済を行うのも、銀行系のマイカーローンなら可能です。これが当たり前に感じるかもしれませんが、信販系のマイカーローンの場合、所有権は自分にはありません。ローンの支払いが終わるまでは自由に売却や譲渡もできません。

 

購入時だけでなくローンの支払い中のことを考えても、マイカーローンを借りるならやっぱり銀行が優れています。銀行であればディーラーよりも低金利でお得なマイカーローンが組めるので、高い車を購入する際でも安心です。