マイカーの支払いはどうしてる?

マイカー購入は大きな買い物です。現金で払う人もいますが、ローンを組む人もいます。現金一括かローンかという分類だけでなく、同じローンでも信販系か銀行系かで全く違ってきます。自分が組んだマイカーローンがどちらに分類されるのか、知らないまま契約している人もたくさんいます。

 

しかし、これらの違いによって、例えば支払総額に10万円以上の差が出る場合もあります。マイカーの支払いをどうするのかは、何でもいいやと安易に決めていると、損をしている可能性があるのです。マイカーの支払いの基本を押さえて、自分がどうあるのか、これからどうするのかを一度考えてみるのもよいでしょう。

 

 

現金一括が一番お得

マイカー購入手段として一番お得なのは厳禁での一括購入です。たとえ家に貯蓄があっても、それでもマイカーローンを組む人もいます。そして、そういう人に限って、ディーラーの勧めるままに金利の高いマイカーローンを組んでいたりもします。

 

現金一括のメリットは、利息を払わないで済むところにあります。マイカーローンを組めばどうしても発生するのが利息です。特にローンの金額が大きければ、払う利息の金額も大きくなります。例えば200万円のマイカーローンを組んだ場合、利息だけで何十万円も取られるケースが多いです。200万円の購入費用を200万円一括で払うのか、ローンを組んで総額240万円払うのか、どちらがいいと思うでしょうか。

 

現金が用意できるのであれば、マイカーローンを組まないのが一番得をします。

 

ディーラーローン

ディーラーに勧められて加入するマイカーローンをディーラーローンといいますが、実際にディーラー側が貸付けを行っているわけではありません。ディーラーの役割は、あくまで仲介です。ローンを照会する代わりに、ディーラー側はキックバックを受取れるので、利益が上がります。

 

ディーラーにとってディーラーローンのキックバックは貴重な収入源となるので、ディーラーローンを勧める販売店が多いです。

 

問題は金利ですが、ディーラーローンの金利はやや高めに設定されています。

 

金利が高いのではメリットがないと思うかもしれません。しかし、例えばフリーローンやカードローンのような、使い道自由なローンと比べると、目的が決まっているマイカーローンは金利が低めに設定されています。さらに、手続きはディーラー側がほとんど行ってくれるので、手間がかからないというメリットもあります。

 

銀行系マイカーローン

ローンはディーラーの勧めるディーラーローンでなくてはいけないという決まりはありません。銀行などでもマイカーローンのサービスの取り扱いをしています。ディーラーローンと比べると金利が低いのが魅力です。

 

もちろん手続きは自分で行わなくてはいけませんが、銀行系マイカーローンを利用するだけで、支払総額に20万円以上もの差が出る可能性があります。金利だけで見た場合ですが、ディーラーとJAマイカーローンの比較をした場合には、返済総額には非常に大きな開きが生じています。

 

信販系と銀行系の違い

上記とは別のカテゴリとして、マイカーローンは信販系と銀行系に分かれます。信販系は平たく言えばクレジット会社のローンです。実はディーラーローンで仲介しているのは信販系のマイカーローンに分類されます。信販系よりも銀行系の方が、金利が低いのですが、違いはそれだけではありません。

 

銀行系よりも信販系のマイカーローンの方が審査に通りやすいと言われています。これはディーラーローンも同じです。単純に金利が低い方が審査は厳しくなりますが、理由はそれだけではありません。

 

信販系のマイカーローンは審査も早いのですが、購入する車を担保にしています。審査が通りやすく、しかも早いのは、車の所有権が自分ではなく信販会社にあるからです。銀行系のマイカーローンの場合、審査は厳しいですが、金利が低く、車の所有権も自分にあります。

 

申し込みから契約までの手間や、審査に通過できるだけの自信があればディーラーローンではなく金融機関のマイカーローンの方が良いです。金融機関のローンも最近では来店不要のネットと郵送での手続きで完結できるようになっているので、あまり手間はかからないのも利点です。

 

金融機関のマイカーローンであれば新車購入時と同じ金利で中古車を買うマイカーローンにも使えるので大変便利です。